Works 作品

Shiosai (2013)

 

あらゆる物事は絶え間なく移り変わっていく。

目まぐるしい変化の中で「いつかの瞬間」はいつまでも捉えることができない。

一方、記憶はあざやかにその瞬間を捉え、様々な形で思い起こすことができる。

記憶と記録の境界は曖昧で、似ているようで全くちがう。

 

私はその両者の狭間において「制作する行為」を通じて物事を再構築し、

再び視覚化することを試みる。

 

 

Statement

Everything is in a constant state of change, all is entropy.

Because of this, I cannot always capture a particular moment in time through my work.

The boundary between memory and the record of an event in photographic form is obscure.To an extent they are closely related but ultimately opposing facets of the creative process of making a photograph.

The art of image making enables me to once again visualize, in the form of a photo, the difference between these two foces that are at play in my work.

 

 

 

Photography 写真

空気、時間、呼吸(2012 - 2014)

air, hour, breath

 

55.6×45.5cm、ゼラチンシルバープリント

アクリルフィット

 

Record (2004- )

 

路上ミュージシャンの一曲分を長時間露光によって一枚の写真に収めたシリーズ。

彼らの放つ音楽は街の雑踏から空気を伝ってレンズを通り、余韻としてフイルムに残る。

 

A series of photographs based on street musicians. I took photos of particular paformances - the exposure time used being the same as that of the duration of the song.

I wanted these images to have a filmic quality to them - a sence of movement being conveyed through the blurring of the figure captured by the camera.

 

DomagkAteliers (2008-2010)


多種多様の国籍・ジャンルのアーティストが制作を行っているミュンヘンの共同アトリエ「DomagkAteliers」。
そこで過ごした時間と過渡期にあったアトリエを、人々との関わりを基に撮影したドキュメント。

A variety of international artists took part in a work programme at "DomagkAteliers" in Munich over the course of two years.

These are a selection of the photographs that were taken with the aim of docmenting the temporary studio spaces used by each of participating artists.

 

SEISAKU (2006-)

作家がアトリエで制作する空間には、完成に至るまでのエネルギーに満ち溢れていた。

The feeling one experiences in an artist's studio - in part caused by the intensity of the surroundings - provides a greater understanding of their working process. The intangible energy of the artists is the vital force necessary to the completion of their work.

 

Printings 版画

Kaffeeklatsch monotype series (2011)

 

15.0×21.9cm

インスタントコーヒー、グリーティンカード

野菜、植物、食物ほか

Books 製本

Deutschland 2008 (2009)

21.5×11.5×3.0cm、手縫い製本

紙、糸、ボンド

 

ドイツに一年滞在していた際に溜まった膨大なチラシ、パンフレットなど ーすべて日本にもって帰りたかったが、荷物を軽くするため選りすぐったものを一冊の本にまとめた。

 

協力:Sepp Schromm (HEI, München)

 

The basis of this work was the huge amount of pamhplets and fliers I collected while staying in Germany for a year. I initially had the intention of talking all this gathered material back with me to Japan, but ultimately this proved to be impossible as my baggage hat to be restricted to a certain weight. I decided instead to make a book consisting of selected material only and this was bound into a single document.

 

Reisebüchlein 23. April - 8. Mai 2013 (2013)

23.0×21.0×1.8cm、手縫い製本

紙、糸、ボンド

 

ドイツに滞在した2013年4月23日〜5月8日の期間に手に入れた紙(チケット、チラシ、レシート、手紙など)を糸で綴じた本。表紙は滞在中に観た展覧会で一番印象に残ったGillian Wearingの展覧会チラシ、Reisebüchleinとはドイツ語で「ちいさな旅の本」。

 

This work was created by binding together an assortment of different paper types (tickets, receipts, letters, etc), collected in Germany during the course of my stay from April 23 to May 8, 2013.

The book cover is an exhibition flier of a Gillian Wearing show (undoubtedly the most impressive I saw) collected during my trip.

 

bookcover(2014) 

2014.5 猫の本屋さん@太陽とハリネズミ 出展作品

25.7 × 18.2 cm

インスタントコーヒー、アクリル絵具、原稿用紙

 

左から

「ノラや」(内田百閒)のためのブックカバー

「猫と庄造と二人のをんな」(谷崎潤一郎)のためのブックカバー

「吾輩は猫である」(夏目漱石)のためのブックカバー

 

  2014.5 猫の本屋さん@太陽とハリネズミ 出展

Die Katze (2009)

 

15×15cm、インク、紙

活版印刷(50部)

 

ねこのことわざ日本語/ドイツ語カード

協力:Handsatzwerkstatt Fliegenkopf (ミュンヘン)

Video 動画

holy Disco(2014)

 

0:48

クリスマスイルミネーション(2013.12 大阪)

”holy Disco” 紙、ビー玉、LEDほか

 

2013年12月にgallery Linksで行われたクリスマス企画展「22のクリマ」(22gallery企画)に出展した作品を動画撮影し、編集・リメイク。

けっこんはアートだ!! (2010)

ゼラチンシルバープリント

本町〜北堀江(大阪)

 

元Moguri rooM、22tu-tu gallery久世わかめさんによる結婚お披露目企画

 

    Copyright©Chieko Terashima 2015.All Rights Reserved.